スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんご、りんご~の花咲く~ その効果

大分ご無沙汰です~
広告ばっちり入ってました^^;

今日は、≪リンゴ≫について。

なぜ、リンゴかというと、最近ヨーグルトと一緒にりんごを食べ始めましたので。

誰もがりんごは体にいいと知っているかと思います。りんごにはとても大きな力があります。

聞いたことがあると思いますが、一緒に冷蔵庫で保存していると成熟度を増してしまいますよね。

ということで、何回かに分けてじっくりと?!


■ ■ ■ りんごの成分 ■ ■ ■


リンゴは85%が水分で、残りの15%に様々なビタミン、ミネラルなどが入っています。
ビタミンB、D、C、K、Eなどとても豊富です。また、カリウム、カルシウム、鉄分までもが摂取できます。

100g中、カルシウムが5mg、マグネシウム4mg、ビタミンC4mg、カリウム90mgも摂取できるのです。

当然、塩分0mg、糖分10mgですので、食べすぎには注意が必要ですが。

また皮には食物繊維が豊富ですので便秘などの改善にはいいです。



■ ■ ■ 健康にいいりんご■ ■ ■    

An apple a day keeps the doctor away.

( 一日一個のリンゴは医者を遠ざける)
のことわざがあるように、一日一回りんごを食べると医者いらずというほど、効果が期待できます。


特に、最近食べだした理由の一つに、リンゴが持つポリフェノールです。100種類にも及ぶポリフェノールを含むりんごは、老化防止や抗酸化(活性酸素を抑える)作用、コレステロールの減少といった働きがあり、また、中に含まれるプロシアニジンはガン細胞を死なせる効果があると言われています。免疫力を高めるためにもりんごは有効です。

:参照:
リンゴポリフェノールの効果

 アサヒは、「筋力アップや体脂肪抑制が必要な運動選手に効果が期待できる」としている。(読売新聞の記事より、2004.10.4)<アサヒビールと日本体育大学大学院の中島寛之教授らの共同研究>

また、当然ポリフェノールによって血液がさらさらになります。りんごを一日1個食べると血液がさらさらになることが実証されました。(JA全農長野の研究開発期間・長野県農村工学研究所に
よる)

みなさんも、りんごを一日1個食べるように心がけましょう。。













スポンサーサイト

最近青じそがアンチエイジングに効果があると発表されました、ね。



 ■ ■ ■ 食材としての青じそ ■ ■ ■

青じそは、香高い薬味、料理のアクセントとして幅広く知られています。私は大好きです。この独特の香は、しそ油という精油成分によるもので、殺菌作用があり、醤油の防腐剤としても用いられているようです。

みなさんもご存知のお刺身、お寿司などに入っていますよね 
生魚の臭いを消したり、中毒を防ぐためにも利用されているのです。



■■■ その昔は・・効能その1 ■■■

なんとなく、体にいいことはわかりますよね。だいたいが、苦かったり、独特の香を持つものってたいてい体にいいものです。

青じそは、昔は薬用とされ、芳香健胃薬として用いられていました。

また、風邪薬として他の生薬と配合して使われるときには、発汗作用に、種子喘息など咳の多い症状に使われます

現代的な抗うつ剤のない昔は芳香のある生薬で、ウツウツとした気を紛らわせていた。なんか、とても画期的ですよね

部下の士気を高めるために、しその入った漢方薬「香蘇散」を用いたとされます。



■■■ 青じその成分は? ■■■


 β-カロチン、カリウム α-リノレン酸、ロズマリン酸、 クロロフィル、カルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維など。


-主な成分とその効果-

 β-カロチン → 抗酸化作用、免疫力を高める 
                (他の野菜に比べ、かなり多く入っています。)

 α-リノレン酸 → EPA(エイコサペンタエン酸)に変化して、血栓を防ぎ、血を
                 サラサラにする

 ロズマリン酸 → ポリフェノールの一種でこれも血液をさらさらに。

 クロロフィル → 造血効果ならびに血流改善効果

 鉄分 → 造血のほかに免疫力を高める

 カルシウム → 骨を強化するのは知られているが、他に癌との関連性もあげられている
                
*ウイキペディアによると、ある疫学的研究では、高容量のカルシウムとビタミンDの摂取は更年期前の乳癌の発生リスクを低めていることが発見されたとある。



■■■ 青じその効能その2 ■■■

食欲増進、胃健、精神安定、鎮咳、殺菌、利尿、浄血 など。




■■■ 青じその効果 ■■■

以上の成分などにより、得られる効果はたくさんある。

強調文抗酸化作用免疫力UPにより がん予防の効果

血液をさらさらにして、血栓などを防ぐことから、脳卒中、動脈硬化、心臓病を防ぐ

免疫力UPから、アトピー性皮膚炎、花粉症を防ぐ



■■■ アンチエイジングに効果あり? ■■■

京都大薬学研究科の久米利明准教授(薬理学)らは、青じそから老化防止物質を発見した。枚数を食べるのは一苦労だが、化学合成して食品に加えるなどの活用方法が有効だろう」と話している。

そのうちきっとサプリメンとが開発されると期待します。



■■■ まとめ ■■■

昔からの知恵で、青じそは賢く使用されていたわけです。
香を放つのには意味があるということですね。

また、その香が苦手で食べられないとう方もいると思います。別の食材を利用すればいいのですが、最近では青じそが入った青汁が売られています。

   ↓










■■ 青じそレシピ ■■


 豚肉のしそ巻きロール

  (4人分)

 豚バラ薄切り肉 約400g
 青じその葉 24枚
 レモンのくし形切り 2切れ
 塩 こしょう サラダ油


<作り方>

1 豚肉の1/6量を塩、こしょう各少々をふり、手前から青じそ4枚を、なるべく重ならないようにのせる。 青じそを押さえながら巻き、巻き終わりを下にして置く

2 フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、1を巻き終わりを下にして並べ入れる。ときどきころがし ながら2~3分焼き、全体に焼き色がついたらふたをして

3 火を止めて斜め半分に切り、器に盛ってレモンを添える。

  (1人分389kcal、塩分0.7g)

 

 






芽じそ、穂じそ、葉じその3種類






たんぽぽのちから

強調文

■■■たんぽぽって■■■


タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属 (Taraxacum) の総称で、多年生です。

中国
では古くから漢方薬として利用されていますし、ヨーロッパでも昔から薬草として認知されております。食用として利用する習慣があるのです。
また、タンポポにはいろいろな効能があります。

花言葉「真心の愛」、「思わせぶり」




■■■たんぽぽの有効成分■■■

カルシウム、リン酸、ビタミンA,B1,Cなど



  ■■■■■ たんぽぽの効能 ■■■■■



■■たんぽぽの根の部分■■


近年、よく知られたところでは授乳ママにとって朗報である、母乳の出をよくし、また血液を浄化する作用があることから質も良くすることです。これは、代謝の働きを良くすることで【母乳分泌の促進作用】に繋がっていると考えられます。

また、タンポポには性ホルモンのバランスを整えたり、分泌促進作用を持った成分が含まれるていることから、生理不順の解消や不妊治療のサポート的な効能が期待できることから婦人疾患にとても効果を発揮するとされています。


それと関連することで、タンポポの成分に毛細血管での血液循環を促進させる作用があるので冷え性にも効きます。さらに便秘解消へも繋がります。

むくみの改善-たんぽぽには、利尿作用があり、むくみを解消します。結果的に腎臓の負担を軽減し、腎臓の機能を改善します。
 
たんぽぽに含まれるビタミン類やミネラルが肝臓を強化し(胆汁の分泌を促し、肝臓での脂質代謝を助け、肝臓病の改善につながる)、コレステロールや血圧を低下させる効果があるとされています。

 → これは水分代謝を活発にするイソクエルシトリンによるものです。

また穏かな下剤作用があり、 炎症を抑え肝臓のデトックスをうながす作用もあるので、ニキビや便秘、皮膚炎にも効果的です。


たんぽぽの解熱、発汗作用により、体内の毒素を活発に排泄することで、体にこもる熱を冷ます効果から、アトピー改善などにも役立ちます。

そのほかにも、緑内障を持つ人、C型肝炎などの肝障害の人にとっても効果があります。

 緑内障 → ET-1(エンドセリン- 1)を抑制し、眼圧が下がり、眼底血流を改善することが確認されています。

 C型肝炎などの肝障害 → 肝炎ウイルス、癌細胞の増殖を抑える作用があります。


 ** 最近たんぽぽの寝の部分のホコウエイ根エキス育毛・発毛作用があるといった研究結果が発表されました。

               ↓ 

          ツムラライフサイエンス



■■たんぽぽの葉や茎の部分■■


タンポポの葉や茎に含まれる成分には健胃作用があり、胃もたれ・食欲不振・消化不良といった症状の改善に有効であるとされています。




■■■効能のまとめ■■■

冷え性の改善 / 健胃整腸 / 強壮 / 便秘解消 / 食欲増進 / 利尿作用(むくみ解消) / 肝機能の向上 / 血行促進 / 血液浄化 / 美肌効果 / ダイエット / 婦人疾患(不妊、生理不順、母乳の分泌促進-量と質改善)




■■■たんぽぽの利用方法■■■


セイヨウタンポポのは古くからヨーロッパや中東で食用に使用されていて、多少の苦味があるのですがサラダなどにして食します。

またたんぽぽコーヒーで知られているように根を乾燥させて炒ったものがコーヒーの代用品として飲まれています。

アメリカ合衆国の一部では、花弁を自家製醸造酒(タンポポワイン)の原料として用いるところもあります。

全草を乾燥したものは蒲公英(ほこうえい)という生薬として用いられています。さらに、に含まれる乳液から斜体文<たんぽぽ/i>n style="color:#0000cc">ゴムを採集する所もあり、ブリヂストンがタイヤの主原料となる天然ゴムを取り出し実用化を目指しているそうです


たんぽぽコーヒー(茶) → 焙煎する方法とハーブ茶のように飲む方法があります。ノンカフェインで苦味が少なく、コーヒーが苦手な方や、授乳しているお母さんへ
たんぽぽ酒 

(西洋たんぽぽの)葉の部分-サラダ(少し苦味がある)



■■■関連サイト■■■


*たんぽぽ専門店 → たんぽぽ

カリウムイソクエルシトリンなどが豊富で尿として水分を排泄させ、むくみの原因を解消。 ■他にも排尿を促し、水分調整でむくみ解消の効果が期待できるカリウムのみのサプリメントもあります


          ↓

     たんぽぽサプリメント









 →続き コーヒーと癌について

■■コーヒーと癌の関連性■■

最近では、コーヒーは発ガン性があ言われていましたが、そうではないと分かってきました。
むしろ、癌の働きを抑制する効果が期待できると言うことまで分かってきました。

いろいろな研究所でコーヒーの癌に対する効果が実験され、抑制効果があるという結果があがっています。

例えば、厚生労働省の研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が日本がん学会で発表した調査結果で、コーヒーを適度に(一日に3~4杯)飲む人ほど、すい臓がんになりにくいとか、国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部では、行った調査によりコーヒーを飲む習慣がある人ほど、肝がんのリスクが低い ということがわかりました。

また、愛知県がんセンター研究所では、コーヒーを1日に3杯以上飲むグループは直腸がんの発生率が半減するという結果を得ました。

コレは、主にコーヒーに含まれるクロロゲン酸によるもので、コーヒーは動物実験では食道癌、胃癌、結腸癌、直腸癌の発育を抑制する事が確認されています。

動物実験の結果に加えて、長期の観察に基き、コーヒーは直腸癌の予防効果がある事が報告されました。さらに、胃癌の予防効果がある事も報告されました。最近になって肝癌にも予防効果がある可能性が報告されました。



■■研究結果の信篤性■■

先の厚生省による調査実験では、

コーヒーを1日に5杯以上飲む人は、ほとんど飲まない人に比べ、肝臓がんの発病率が約4分の1に低下するというデータがあります。

ほとんど飲まない人の発病率を1とした場合、1~2杯飲む人は0.52、3~4杯は0.48、5杯以上は0.24ちなるそうです。

よって、多く飲む方が発病しにくいということだが、つまり、コーヒーを毎日1杯以上飲む人は肝がんにかかるリスクが半減していることになる。コーヒーの成分であるクロロゲンが有効だということだが、はっきりとはどれがいいとはまだ関連性がわかっていないとしています。

統計的に見て因果関係がうかがえるという程度の分析だそうです。よって短絡的にコーヒーを飲めば癌にならないと決め付けるのは禁物だといっています。(厚生省側)

とはいうものの、統計的にそれだけのデータが出ているのであれば、ある程度抑制するのはまちがいないのだから、できれば嫌いでなければ飲んだほうがいいのでは・・と個人的には思います。

一日どのくらいで・・といっても、、状況つまり、煎れ方、飲み方、種類によっても違ってくるだろうから、適度というほかないでしょう。常識的に胃が荒れるほど飲んでいいことはなしだろうし、まったく飲まないよりはキライでないなら1~2杯飲んでも悪くはないのでは。

その程度に考えたほうがいいのではないかと思います。 私個人的には一日3~5杯がいいのではと思いますが・・・どうでしょう?。



■■癌になりにくいという根拠は■■

クロロゲン酸が有効だとして、の持つ抗酸化作用だそうだ。人間の老化は細胞の老化と同じで、脂肪が酸化して老化、癌を引き起こす。だから、よく赤ワインに含まれるポリフェノールがよいといわれるのは、抗酸化作用なのです。


*和歌山県立医科大学では、実験により、コーヒーに含まれるクロロゲン酸がフリーラジカルの生成を阻害するということを明らかにしています。(フリーラジカルはか酸化資質からできるもの)
(全日本コーヒー協会発行)

これからもわかるように、クロロゲン酸の有効性は裏付けられます。


これからもっと研究が進んでどの成分がいいのかが判明していくでしょう。

ちなみに、年代が上がるにつれて、コーヒーを「1日に2杯以上」飲む割合が高くなる傾向が見られるそうです。 現代社会の大人はみな疲れているのですね。

疲れを癒す、リラックス効果からもコーヒーを飲んでみては? ストレスも癌の発生原因のひとつであるからです。


             →次は、コーヒーとダイエットについてです

コーヒーはいいの?悪いの? Ⅱ -クロロゲン酸の働き-

前回は、コーヒー成分の一つであるカフェインについての功能を書きました。

今回は、その他の成分についてです。


■■その他の成分■■

まず、さかんに言われているのが、クロロゲン酸。苦味成分であるこの成分はポリフェノールの一種で、体内で発生する活性酸素を除去する作用がありますので、動脈硬化を予防したり細胞の老化を抑制したりする効果があります。また、過酸化脂質の発生を抑えることにより、肝臓ガンや消化器官のガンなどを予防することにもなります。

クロロゲン酸カフェ酸は抗酸化作用があります。いまや、クロロゲン酸ガンや老化などの引き金となる活性酸素を補足し除去する抗酸化物質として注目されています。

だから、胃の粘膜に感染して胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を誘発する悪性菌であるピロリ菌や病原性大腸菌(O-157など)などの増殖を防いでくれます。

コーヒーを1日3杯以上飲む人は直腸がんになる危険度が半減する →クロロゲン酸、カフェ酸のがん細胞の発生を抑制する作用が話題になっています。

また、ニコチン酸が血液中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防します。

残念ながら、いいことだけではありません。


■■コーヒーの悪影響■■

まず、コーヒーはやはり胃の粘膜に対しては非常に刺激的です。空腹時や胃の弱い方は控えたほうがいいでしょう。そのしくみは、こうです。空腹時にコーヒーを飲むとカフェインがの迷走神経を刺激して、胃酸を分泌させる働きがあります。
すると胃酸によって、胃が荒れてしまいます

健胃効果
のあるコーヒーですが、胃液分泌を促進するため消化性胃潰瘍を助長する働きもあります
コーヒーに含まれるタンニンなどの成分は鉄イオンと結びついて難溶性の物質に変わります。このため、鉄分の吸収を阻害してしまうことがあります
コーヒーの飲みすぎは禁物です。口臭の原因にもなりますから。。

カフェインのときに言ったように、中枢神経興奮作用がありますので寝る前は控えるとかが必要です。このように同じ効果でも両面を併せ持っています。以下、§ウィキペディア§より引用

急性作用として、

中枢神経興奮作用(精神の高揚・眠気防止/不安・不眠)
骨格筋運動亢進作用(筋肉の疲労を取る/ふるえ) 血圧上昇
利尿作用
胃液分泌促進(消化促進/胃炎を悪化させる)
血中コレステロール(LDL, TC)増加
大腸ぜん動運動の亢進(緩下作用/下痢)← 私個人的に思い当たる節があります。


慢性作用として、

1980年までにはコーヒーが体に悪い」という視点からの報告が多かったが、それらの研究の多くは1990年代に、より精度を高めた追試によって否定されている。一方、1990年代からは「コーヒーが体に良い」という視点からの研究もなされている[10]。

発症リスク低下(ほぼ確証):パーキンソン病・大腸がん・直腸がん・2型糖尿病
リスク低下の報告あるが論争中 :アルツハイマー病・肝細胞がん・胆石
リスク上昇の報告あったが後に否定された:高脂血症・膵臓がん・心不全・十二指腸潰瘍
リスク上昇の報告あるが論争中:関節リウマチ・高血圧・死産リスク・骨粗鬆症・膀胱がん
発症リスク上昇(ほぼ確証):(今のところ特になし)

このように、両面を併せ持つコーヒーですが、悪いと決め付けられなくはなったのですね。良かった コーヒー党の私には朗報ですから・・


■■全体的に■■

見てくると、個人的にはコーヒーは体によい効果をもたらすことが多いと言えます。
限度、飲む時機、コーヒーの淹れ方次第でも効果は変ってきますので、考えて飲みましょう。。

ちなみに一日、4~5杯ぐらいがいいようですよ

                         
                                 →つづく




コーヒー焙煎入門セットコーヒー焙煎入門セット
()
器具付熱風焙煎コーヒー

商品詳細を見る


香ばしい強火焙煎 黒豆コーヒー 100g香ばしい強火焙煎 黒豆コーヒー 100g
()
はぐら茶屋

商品詳細を見る

大麦コーヒー[1kg]●じっくり低温で焙煎して作られる自然から生まれた美味しい健康コーヒー/オルゾーコーヒー・おおむぎコーヒー・オオムギコーヒー大麦コーヒー[1kg]●じっくり低温で焙煎して作られる自然から生まれた美味しい健康コーヒー/オルゾーコーヒー・おおむぎコーヒー・オオムギコーヒー
()
e-PICOT

商品詳細を見る


電動焙煎機 i-coffee ロースター電動焙煎機 i-coffee ロースター
()
i-coffee

商品詳細を見る


【ファイン】焙煎黒豆コーヒーダイエット 60包【ファイン】焙煎黒豆コーヒーダイエット 60包
()
ファイン

商品詳細を見る


コーヒーがさらに楽しくなる おうちでコーヒー焙煎コーヒーがさらに楽しくなる おうちでコーヒー焙煎
(2009/07)
天坂 信治

商品詳細を見る


プロフィール

monputei

Author:monputei
FC2ブログへようこそ!

i
   メタボな悩み↓
酵素特集!!
ドクタ-水素水★↓驚きのパワ-
このエントリーをはてなブックマークに追加 女性専用の育毛剤
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

PING送信プラス by SEO対策

リンク
検索フォーム
アクセス
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。