スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコ-ルのもつ大きなパワ-




■■アルコ-ルとは■■■


最初にアルコールとして認識された物質は、エタノール(酒精)である

一般には単に「アルコール」と言えば、エタノール、またはそれを含む飲料(酒)のことを指す。エタノ-ルは慣用名、エチルアルコ-ツは学名、酒精は日本語です

 アルコール類は、生体内での主要代謝物の1つであり、生物体に多種多様なアルコール体が広く見いだされる


■■アルコ-ルの精製■■

 主に酵母による糖のアルコール発酵により生産され、このとき少量であるが多種多様のアルコール類も同時に産生されて酒の香味成分となる。

多くのアルコールが、酵母を使って果実や穀物発酵させて得ることができる。

エタノールだけが発酵法で商業的に生産され、燃料や飲料の用途向けに用いられている。

他のアルコールは、天然ガス、石油あるいは石炭の副産物から工業的に生産されている。

最も単純なアルコールであるメタノールは、触媒の存在下に一酸化炭素を水素で還元すると得られる。

炭素数が少ないアルコールを低級アルコール、炭素数が多いアルコールを高級アルコールという。低級アルコールは無色の液体であり、高級アルコールは蝋状の固体である。

蝋はセタノールなど高級アルコールであり、脂肪(中性脂肪)はグリセリンと脂肪酸とのエステルである。そして、糖類もアルコール体である。ケトースやアルドースのカルボニル基が還元されたエリトリトールキシリトール、ソルビトールなどは、糖アルコールと呼ばれる。



■■アルコ-ルの持つ毒性■■

アルコールは「鼻を突く」と描写される臭気を持つ

グリセリンや糖のように生物に不可欠な物質もあれば、メタノールのように強い毒性を持つものもあり、毒性の有無や強さはさまざまである

 毒性が問題になるアルコールには、メタノールとエチレングリコールがあり、これらは体内で代謝されて比較的強い酸を生じるため、アシドーシスにより臓器障害を引き起こし、最悪は死亡に至ることがある

また、メタノールは代謝生成物により失明を引き起こすことが知られている。



■■功罪■■

アルコール飲料としてのエタノールは、有史以前より、多種多様な衛生的、食事、薬用、宗教、そしてレクリエーション上の理由で消費されてきた。それは少量では比較的害が無いか、あるいは有用であると広く認知されている。

しかし、一度に大量に摂取すると酔いあるいは泥酔の状態になり、恒久的な健康被害や死をもたらす。また、アルコール飲料は、IARCによる発がん性リスク評価でGroup1(ヒトに対する発癌性が認められる)に分類されている。いわゆる悪酔いや二日酔いはエタノールの代謝物のアセトアルデヒドが蓄積されることで生じるといわれている。酒類に微量含まれるアミルアルコールもその原因のひとつであるとも言われる。



■■■アルコ-ルの作用■■■



■■良い作用■■

 アルコールは少量なら気持ちをリラックスさせたり会話を増やしたりする効果があります。
いわゆる鎮静効果です。また酔いの効果とも表現できます。

 コレは、血液中のアルコール濃度によるもので、アルコールの血中濃度低濃度であれば抑制がとれて活発になるというわけです。

その他、少量<のアルコールは循環器疾患の予防にな強調文ったり、HDLコレステロール(善玉)を増加させたりして体にとってよい影響を与える作用があります。(一時的にですが)

 少量の習慣的な飲酒は血糖値を下げて、末梢組織のインスリン感受性を増加させます。
(内分泌との関係)
また、強調文n style="color:#cc00ff">適度のアルコ-ルは一時的ですが血圧が少し下がり、脈拍が増えます。(血圧)


「食前酒」という慣習は、消化管へのの影響です。アルコールは、消化酵素の分泌を増やしたり、胃の血流を良くし胃の動きを活発にすることで消化運動を亢進させ、食欲増進にもつながります

*空腹時に飲酒をすると、アルコールが胃を素通りして小腸に流れ込むので、アルコールの吸収が速くなります

血液の性状を調節しているシステム(血液凝固系)に作用し、血液を固まりにくくします

アルコールは、寝つくまでの時間を短縮させます。




■■悪い作用■■


 血液の性状を調節しているシステム(血液凝固系)に作用し、出血の危険性は高まります。

お酒の濃度と量が適量を超えると消化管に障害を起こします

粘膜の血流や消化液などに影響を与え、間接的にも障害を起こします

消化管平滑筋内の蛋白質や神経を障害し、消化管の運動機能に影響を与えます。さらに、発癌作用を有すると考えられています。

 飲み続けると、血圧を上げ、高血圧症の原因になると考えられています。
日々の飲酒量が多いほど血圧の平均値が上がって高血圧症になるリスクも高まることがはっきりしてきました。

→日本酒1合、ビール大瓶1本、ウイスキーシングル2杯、ワイン2杯」のそれぞれに含まれるアルコールは、約30ミリ・リットルですが、これまでの研究をまとめますと、アルコール1日300ミリ・リットルあたり、血圧は3ミリほど上がることが認められています鎮静の効果の高さから乱用の原因となり、依存をもたらすことがあります

 ある程度の濃度を越えると逆に鎮静効果の方が強くなって小脳の機能が低下して呂律が回らない、まっすぐ歩けないといった運動機能の障害がみられ、さらに濃度が高まると意識障害を起こして死亡します。

量飲酒者ではインスリン分泌が低下して耐糖能障害がみられます。


ホルモンとの関係

長期にわたる大量の飲酒は男性ホルモン分泌を障害します

性周期の遅れや無排卵などの異常がみられたと報告

男女ともアルコールは性ホルモン分泌を障害することが知られています。

寝つきは良いのですが夜中に目覚めてその後なかなか眠れないという現象がおこります。



■■■医学的結論■■■

 アルコールの作用は、悪いことばかりではありません。古来、「百薬の長」などと持ち上げられてきた長所も、医学的にはっきりしてきています。

 
 上記で、良い作用ではピンクであらわした少量、悪い作用では緑で表された大量および長期など
から、やはり適量がよい結果をもたらすということである。


酒は「ほどほどに」といいますが、そのほどほどの限界が300ミリ・リットルといってよいでしょう。




■■アルコ-ルの研究成果■■


心筋梗塞や狭心症など虚血性心臓病(きょけつせいしんぞうびょう)には、アルコールが予防する効果が確かめられています。

虚血性心臓病の危険度は飲酒量の多少にかかわらず、飲まない人より低く抑えられるのがはっきりしています。


脳梗塞については、少量のアルコールが予防的に働きますが、大量になるとリスクを高めるようです。

心臓や頸部、手足などの血管の動脈硬化の程度も、飲む人が飲まない人より軽いことが認められています。

また最近、お酒を少し飲む人は心不全やがんになる危険性も小さいことがわかってきました。

アルコールを少量、つまり1日300ミリ・リットル(日本酒1合、ビール大瓶1本に相当)以下をたしなむ人は、まったく飲まない人に比べると、循環器病による死亡率、全死亡率ともに少ないのです。



■■後 記■■

よくTV番組でお酒を飲んでいらっしゃる方に長寿が多いというのは根拠があったのですね。

適度のアルコ-ルは体のさまざまな部分の潤滑油としての役割をしてくれていたのですね~

そうとわかれば、女性も梅酒やざくろ酒、またはオリジナルのお酒を造って、日々の生活を楽しくかつ元気に長く生きていければ最高ですね




引用Hp
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-02-003.html 松下幸生さま

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/text/pamph/pamph_32/panfu32_text.html#02



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

monputei

Author:monputei
FC2ブログへようこそ!

i
   メタボな悩み↓
酵素特集!!
ドクタ-水素水★↓驚きのパワ-
このエントリーをはてなブックマークに追加 女性専用の育毛剤
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

PING送信プラス by SEO対策

リンク
検索フォーム
アクセス
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。