スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫外線注意警報!紫外線対策してますか~

梅雨とはいえ、日が照ると真夏日のように暑いですね。

みなさんは当然紫外線対策はしていますよね。
オゾン層が破壊されつつある現在、必須ですよ~

こどもたちはこれからどうなってしまうのでしょう。。



■■紫外線とは■■

地球に届く太陽光線は、大きく3つにわけて、紫外線、赤外線、可視光線があります。

紫外線とは、太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことです。 太陽光線は、大きく3つにわけて、紫外線、赤外線、可視光線があります。

紫外線には大きく分けて三種類あります。多分みなさんはもうすでにご存知だと思いますが。

UV-A=太陽が最も高くなる5月に最も多く、大気圏で吸収されずほとんどが地表に届く。最も少ない冬の時期においても、2分の1にしかならず、年間を通して紫外線はある。黒くなる日焼け(サンタン)が起こり、皮膚の真皮層に作用し蛋白質を変性させる。浴びすぎるとDNAを傷つけたり、老化を早める。

UV-B=ほとんどは大気層(オゾンなど)で吸収されるが、一部は地表へ到達す    る。オゾン量が最も減る8月頃に最も多くなる。
皮膚が赤くなる日焼け(サンバーン)が起こる。表皮層に作用するが、色素細胞がメラニ    ンを生成する(生体の防御反応)。   

UV-C=オゾン層によりほぼ吸収されてしまい、地上にはほとんど到達しない。
強い殺菌作用があり、生体に対する破壊性が最も強い。


オゾン層の役割: オゾンは、その90%が地上から約10 〜50km上空の成層圏と呼ばれる領域に集まっているため、その領域は「成層圏オゾン層」とも呼ばれています。このオゾン層が紫外線をさえぎって、地球上の生命を守っています。




■■紫外線による影響■■ 

紫外線を浴びることによって、どんな影響を受けるのでしょうか?

大きく簡単に分けると、

①急性

日焼け
 (サンバーン、サンタン)熱中症 紫外線角膜炎(雪目) DNA損傷 免疫機能低下

②慢性

日焼け
 (サンバーン、サンタン)紫外線角膜炎(雪目) 免疫機能低下 

<皮膚>
 シワ( 菱形皮膚)シミ、日光黒子 良性腫瘍 ④前がん症 皮膚がん

<目>
 白内障  翼状片 皮膚がん


慢性の場合は、子供の頃から長時間紫外線に当たってきた結果、遺伝子が変異したり、遺伝子の働きに異常が生じて皮膚老化を招き、さらに良性・悪性の腫瘍が出来てきます。


*一般に老化によるものと思われている皮膚の見た目の変化のうち、最大90%は、紫外線被ばくによって引き起こされたものである可能性があります。

http://www.shigaisen.com/uv/uv.html



というから・・驚きです!!!

オゾン層が破壊されつつある現在、こどもたちへの紫外線対策はとても重要です。



■■紫外線は全くの悪者なの?■■

今までに紫外線を利用して、さまざまなものが作られてきました。
例えば、

蛍光灯として利用することで、可視光線となり、紙幣や重要な証明書(例えば、健康保険証、運転免許証、パスポート)には、偽造防止羽虫等などの害虫駆除装置などに利用されています。

紫外線は効果的な殺ウイルス、殺菌効果を有しています。これを排水処理施設のみでなく、上水道の殺菌処理に使用するということが、海外では実施されています。

近年、紫外線が微生物であるクリプトスポリジウムの駆除にも効果的であるということが発見されました。

紫外線は、食品生産などでも利用されています。(例えばフルーツジュースの低温殺菌工程など)

また、紫外線検知器火災報知機のほか、アーク放電、電気火花、稲妻、非破壊検査に使用されるX線、放射性物質の検知にも使用されています。


公衆便所での薬物乱用の阻止用紫外線のライト 

光反応性の樹脂(接着剤等)  まどなど・・・




物作りのみならず、自然界になくてはならない光合成明るさとして、また殺菌という重要な役割も持っていますね。



■■紫外線のメンタル・フィジカル的要素■■

紫外線は生態リズムを整えてくれます。朝、30分ぐらい散歩をしましょうなどと健康管理において呼びかけていますが、特に午前中の朝日を浴びることは人間にとてもいい影響を与えるそうです。

それによって、自然にメンタル的にもフィジカル的にもよい結果として現われてきます。

  強調文  ↓
 体調がいい→胃腸の働きがいい→消化液の分泌を促す→気分がいい→緊張がほぐれる(リラックスする)*冬場ばど、血行がよくなる、温まる→結局リラックスへつながるしくみ


ビタミンDの合成-一日15分程度日を浴びるだけでいいそうですので、ちょっと心がければD不足にはならないと思います。


ビタミンDの主な働きはカルシウム代謝の調整です。食物から摂取したり、皮膚で合成されたりしたビタミンDはそのままでは働くことができず、肝臓と腎臓で「活性化」されてはじめて効果を発揮します。
 
カルシウム摂取不足やビタミンD不足になると、骨から溶け出すカルシウムの増加などにより、カルシウム蓄積が減少して骨が弱くなり、骨折の危険性も増します。骨粗鬆症の原因のひとつとも考えられています。
 

最近では、ビタミンDは筋肉にも作用することによって高齢者の転倒予防にも役立つことが報告されています。


また、妊婦さんにおけるビタミンD不足は赤ちゃんの骨の発育に影響を与えることがわかっています。



■■まとめ■■


太陽光(紫外線を含む)はわれわれ生態系になくてはならない存在です。

いろいろな悪い影響があるとはいえ、よい影響も確かにあります。

紫外線は怖いからと言って、こどもも大人もそとに出なくなるのはもちろん健康的でありません。
私たちは心身ともでひとつの生き物だからです。

対策はあれこれ講じながら、積極的にいい面を取り入れていってこそ人間であり、人間の知恵であると思います。

<例> サングラス(色の薄いほうがいいらしい、) 帽子、手袋(夏用)、日傘、ストール(首に)、長袖ブラウス・・・・・もちろん日焼け止め
日焼け止めには、髪用から体、顔用、ウォータープルーフなどさまざまあります。用途によって使分けましょう。 


◆◆追記◆◆


今は梅雨ですが、開けたらおふとんいっぱい干しましょう

朝、窓を開け放ち、日の光をいっぱいお部屋に入れてあげましょう

最近広告で、水虫に効く『UVフットケアー』なる商品を見つけました。
今年はクールビズとはいえ、靴がサンダルにはならないと思います。きっとみなさま、悩まされるのではないでしょうか!

ぜひ、紫外線のパワーでやっつけてしまいましょう


                       こちらはプロテクト
                        ↓
                     




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

monputei

Author:monputei
FC2ブログへようこそ!

i
   メタボな悩み↓
酵素特集!!
ドクタ-水素水★↓驚きのパワ-
このエントリーをはてなブックマークに追加 女性専用の育毛剤
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

PING送信プラス by SEO対策

リンク
検索フォーム
アクセス
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。